芭蕉さん

バショウサン
俳句:松尾芭蕉 絵:丸山誠司 選句解説:長谷川櫂
  • 電子あり
芭蕉さん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

芭蕉の俳句の魅力がわかる。
芭蕉が好きになる。
俳句を詠んでみたくなる。
人気急上昇中の絵本作家・丸山誠司さんと、松尾芭蕉研究の第一人者・長谷川櫂さんの、わくわくコラボレーションです。
小学校の教科書(3年国語)で習う芭蕉の俳句を中心に、ぜんぶで21句を楽しい絵とともに紹介し、わかりやすい解説を添えました。

目次

  • ■鑑賞編
  • 古池や 蛙飛びこむ 水の音★
  • 山路来て 何やらゆかし すみれ草
  • 名月や 池をめぐりて 夜もすがら★
  • さまざまの事 おもひ出す 桜かな
  • かたつぶり 角振り分けよ 須磨明石
  • 蛸壺や はかなき夢を 夏の月
  • 行く春や 鳥啼き 魚の目は泪
  • あらたうと 青葉若葉の 日の光
  • しばらくは 滝にこもるや 夏の初
  • 夏草や 兵どもが ゆめの跡
  • 閑さや 岩にしみ入る 蝉の声★
  • さみだれを 集めてはやし 最上川★
  • 雲の峰 いくつ崩れて 月の山
  • 暑き日を 海に入れたり 最上川
  • 荒海や 佐渡によこたふ 天河★
  • 蛤の ふたみに別れ 行く秋ぞ
  • 行く春を 近江の人と をしみける
  • 蜻蜒や とりつきかねし 草の上
  • 物いへば 唇寒し 秋の風
  • 秋深き隣は 何を する人ぞ
  • 旅に病んで 夢は枯れ野を かけ廻る
  • (★は小学国語の教科書に掲載されている俳句) 
  • ■解説編
  • ・芭蕉さんて、どんな人?
  • ・俳句って、どんな詩?
  • ・21の名句を鑑賞しよう

製品情報

製品名 芭蕉さん
著者名 俳句:松尾芭蕉 絵:丸山誠司 選句解説:長谷川櫂
発売日 2017年03月21日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-133313-0
判型 B20取
ページ数 41ページ
電子版製品名 芭蕉さん
シリーズ 講談社の創作絵本

著者紹介

俳句:松尾芭蕉(マツオバショウ)

松尾芭蕉(まつお・ばしょう)
1644年(寛永21年)~1694年(元禄7年)。現在の三重県伊賀市(伊賀国)生まれ。俳諧師。俳諧(連句)の世界に、「蕉風」と呼ばれる芸術性の高い句風を確立した、日本史上最高の俳諧師のひとり。おもな著作に、江戸から東北、北陸をめぐり岐阜の大垣まで旅した紀行文『おくのほそ道』をはじめ、『野ざらし紀行』『笈の小文』など。

絵:丸山誠司(マルヤマサトシ)

丸山誠司(まるやま・さとし)
1968年、岐阜県生まれ。イラストレーター、絵本作家。大阪府立大学、MASA MODE ACADEMY OF ART 卒業。おもな絵本作品に、『にんじゃサンタ』『ふじさんです』『こんなことがあっタワー』『おしろとおくろ』『だるまなんだ』『エスカレーターいかがですかレーター』などがある。

選句解説:長谷川櫂(ハセガワカイ)

長谷川櫂(はせがわ・かい)
1954年、熊本県生まれ。俳人。東京大学法学部卒業。「朝日俳壇」選者、ネット歳時記「きごさい」代表、東海大学文学部特任教授。『俳句の宇宙』でサントリー学芸賞、句集『虚空』で読売文学賞を受賞。『大人も読みたい こども歳時記』の監修も務めた。

オンライン書店で見る