ねこ いると いいなあ

講談社の絵本
ネコイルトイイナア
作・絵:佐野 洋子
  • イベント
ねこ いると いいなあ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『100万回生きたねこ』の佐野洋子がクレパスで描いた、もうひとつのねこの物語。「ねこ いると いいなあ」と願う少女が、ねこの絵を1匹、2匹、3匹と描いていくと、やがて部屋中ねこだらけに。けんかするねこ、かみつくねこ、赤ちゃんを産むねこ。少女はお母さんに助けを求めます……。かわいいねこたちが織りなす、ふしぎで、ちょっぴりこわいおはなし。

製品情報

製品名 ねこ いると いいなあ
著者名 作・絵:佐野 洋子
発売日 2016年11月10日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-133301-7
判型 B12取
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の創作絵本
初出 本書は、1990年に小峰書店より刊行された作品を、2016年に判型と装丁を変更し再刊行したものです。

著者紹介

作・絵:佐野 洋子(サノ ヨウコ)

佐野洋子(さのようこ)
1938年、北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒。1967年、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。主な作品に『100万回生きたねこ』(講談社)、『おじさんのかさ』『おばけサーカス』(講談社・サンケイ児童出版文化賞推薦)、『すーちゃんとねこ』(こぐま社)、『わたしのぼうし』(ポプラ社・講談社出版文化賞絵本賞)、『だってだっての おばあさん』(フレーベル館)、『ねえ とうさん』(小学館・日本絵本賞/小学館児童出版文化賞)などの絵本や、童話『わたしが妹だったとき』(偕成社・新美南吉児童文学賞)、『神も仏もありませぬ』(筑摩書房・小林秀雄賞)、『役にたたない日々』(朝日新聞出版)、『シズコさん』(新潮社)、『死ぬ気まんまん』(光文社)、『佐野洋子対談集 人生のきほん』(西原理恵子/リリー・フランキー 講談社) などのエッセイ、対談集も多数。2003年紫綬褒章受章、2008年巌谷小波文芸賞受賞。2010年、72歳で逝去。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV