いちねんせいの1年間 わたし、もうすぐ2ねんせい!

講談社の絵本
イチネンセイノイチネンカンワタシモウスグニネンセイ
いちねんせいの1年間 わたし、もうすぐ2ねんせい!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

今日はみさとのお姉ちゃんの卒業式。でも、みさとは通学のときも軽口ばかりたたいて、まだ「おめでとう」を言っていなかった。
卒業式で、ピアノをひくことになっていたお姉ちゃんの手が途中でとまってしまい、みさとは自分のせいじゃないかと心配になり……。
「いちねんせいの1年間」シリーズ最終巻は、卒業式をテーマに、1年生の主人公が中学に進級する6年生の姉を送りながら、自分も成長していく姿を描いたお話。

製品情報

製品名 いちねんせいの1年間 わたし、もうすぐ2ねんせい!
著者名 作:くすのき しげのり 絵:江頭 路子
発売日 2016年01月20日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-133282-9
判型 AB
ページ数 32ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

著者紹介

作:くすのき しげのり(クスノキ シゲノリ)

1961年、徳島県生まれ。小学校教諭、鳴門市立図書館副館長などを経て、現在は児童文学を中心とする創作活動と講演活動を続けている。絵本『おこだでませんように』『メガネをかけたら』(小学館)が青少年読書感想文全国コンクール課題図書となる。また、『ふくびき』(小学館)、『ともだちやもんな,ぼくら』(えほんの杜)は、『おこだでませんように』とともに、第3回ようちえんえほん大賞を受賞。このほかの絵本に『「あ・そ・ぼ」やで!』(くもん出版)、『ええところ』『へなちょこ』(学研教育出版)、『ええことするのは、ええもんや!』(えほんの杜)、『Life(ライフ)』(瑞雲舎)、『ぼくのジイちゃん』(佼成出版社)などがある。徳島県在住。くすのきしげのりオフィシャルホームページ
http://www.kusunokishigenori.jp/

絵:江頭 路子(エガシラ ミチコ)

1978年、福岡県生まれ。熊本大学教育学部卒業。水彩を使用した透明感のある画風が特徴。絵本に『さんさんさんぽ』『あめふりさんぽ』『せんそうしない』(文・谷川俊太郎)『はこちゃん』(文・かんのゆうこ)(以上、講談社)、『おかあさんのいのり』(文・武鹿悦子 岩崎書店)『おかぁさん』(文・もっち ナツメ社)など、装画と挿絵に『さくら 原発被災地にのこされた犬たち』(金の星社)、『ポテトサラダ』『「ママ」と呼んでくれてありがとう -自閉症の息子と歩んだABA早期療育の軌跡-』(ともに学研教育出版)、『春の海、スナメリの浜』(佼成出版社)、『ゆいはぼくのおねえちゃん』(ポプラ社)などがある。また雑誌や教科書などの挿絵も手がけている。静岡県三島市在住。1児の母。
http://www.tenkiame.com/

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV