メニュー
  1. HOME
  2. 書籍シリーズ
  3. 警視庁FC
  4. 警視庁FC

警視庁FC

著:今野敏

警視庁FC

著者の新刊お知らせメールを受け取る

  • 発売日: 2013年04月03日
  • 定価 : 本体920円(税別)

映画の撮影現場で
殺人事件が発生!
犯人は人気女優――!?

警察の未来をかけた「特命」は
最も楽で安全な任務だったはずなのに――

 警視庁地域部の警察官・楠木は「警視庁FC」と兼務するよう特命を受ける。FCとはフィルムコミッションの略で、映画やドラマのロケ撮影に対して便宜を図るのが主な仕事だ。危険やハードワークとは無縁な任務だったはずなのだが、六本木ミッドタウンの映画撮影現場で、助監督が殺される。そして助監督と主演女優がその直前、言い争っていたという目撃証言が。楠木は自らの意思とは裏腹に捜査に関わるが、驚くべき出来事が続く……。

  • 購入する
  • ISBN:978-4-06-182866-7
  • 判型/ページ数:新書/256ページ
  • シリーズ:講談社ノベルス
  • 初出:2011年2月に毎日新聞社より単行本として刊行されたものを、ノベルス化したもの。

著者紹介

著:今野敏(コンノビン)

1955年、北海道三笠市生まれ。上智大学在学中の1978年に『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。卒業後、レコード会社勤務を経て作家に。2006年、『隠蔽捜査』で、吉川英治文学新人賞、2008年、『果断 隠蔽捜査2』で、山本周五郎賞、日本推理作家協会賞を受賞。また「空手道今野塾」を主宰し、空手、棒術を指導している。近著に『デットエンド』、『ペドロ』、『確証』、『欠落』などがある。

おすすめの本