家族パズル

著:黒田 研二
定価 : 本体1,800円(税別)

伏線が美しく、泣ける。
これぞ「余韻まで美味しい」小説です。
――森沢明夫

優しく、静かで、トリッキー。
そして最後は、涙がほろり。
『青鬼』ノベライズの著者が紡ぐ家族ミステリー!

悲しみの裏側にそっと隠された深い「家族愛」5つの物語。
「はだしの親父」父は亡くなる直前、雨降る病院の庭をなぜ靴を脱ぎ歩いたのか?
「神様の思惑」 自殺志願の少年の命を救った優しいホームレスは殺人者だった!?
「タトウの伝言」借金を背負った青年は母を騙して、父の形見である絵画を狙うが。
「我が家の序列」リストラ中年と迷い犬の新生活は、奇妙な出来事ばかりの日々で。
「言霊の亡霊」 25年も男を苦しめた母の一言。しかし記憶を辿るとある違和感が。

家族同士だって、分からないことはたくさんある。ぶつかり合いだってある。
それでもいろんな出来事をパズルのようにうめていくと、家族の本当の姿が見えてくる。
この謎解き、この感動……きっとあなたは家族に会いたくなる。

家族パズル

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る