はじめての量子化学 量子力学が解き明かす化学の仕組み

著:平山 令明
定価 : 本体1,200円(税別)

化学の本質は電子にあり! 量子力学に支配された電子が、分子の形を決め、色を生み出し、化学反応を引き起こす。量子力学によって電子の状態を求める「分子軌道法」の考え方を、自分のパソコンで計算しながら理解できる、量子化学の最良の入門書です。量子化学計算ソフト「Winmostar」の解説付き!


化学の本質は電子にあり! 量子力学に支配された電子が、分子の形を決め、色を生み出し、化学反応を引き起こす。

●H2分子は存在するのに、なぜHe2分子は存在しないのか?
●DNAはどうして2重らせん構造を取るのか?
●水分子(H2O)はなぜ折れ曲がっているのか?
●物に色がついて見えるのはなぜか?

すべての鍵を握るのは、分子の中にある電子だった! 量子力学によって電子の状態を求める「分子軌道法」の考え方を、自分のパソコンで計算しながら理解できる、量子化学の最良の入門書です。

量子化学計算ソフト「Winmostar」の解説付き!


【目次】
第1章 原子の成り立ち
第2章 原子から分子へ
第3章 分子軌道法から求められるもの
第4章 分子の構造を知る
第5章 電子の分布が分子の性質を決める
第6章 分子の色を知る
第7章 化学反応を予測する
第8章 半経験的分子軌道法計算プログラムを使った計算の実際

付録 水素分子の分子軌道とエネルギーを求める

はじめての量子化学 量子力学が解き明かす化学の仕組み

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る