マンガ『島耕作』に学ぶ 人生に効く「切り返し」術

著:森山 晋平 監:弘兼 憲史 監:モーニング編集部
定価 : 本体1,500円(税別)

コミュニケーションは、「切り返し」できている。

心理学の三大巨匠の一人、アルフレッド・アドラーは、こんな言葉を残しています。
「人間の悩みは、全て対人関係の悩みである」

確かに私たちは、日々の対人関係に一喜一憂し、
そこで起こる問題に振り回されているのが現状です。

おそらく世の中には、コミュニケーションに悩みがない人なんていないはず……。

しかし、マンガの中には「対人関係の達人」がいます。
それが、島耕作。
彼はすごく頭がいいわけでも、仕事が抜群にできるわけでもありません。

ただ、若い頃から、

「うまい切り返し」

を使って円滑なコミュニケーションをとり、逆境を乗り越え、
入社から40年を過ぎて大企業の会長にまで登りつめました。

考えてみると、世の中は「切り返し」の連続です。

会話を切り出せるのは最初の一人だけで、
そこからは「切り返し」でできています。

また、仕事で主導権を握れる人はまさしく一握りで、
多くの人は起きたことへの「切り返し」を繰り返しています。

つまり、人生は自ら「切り開く」ものではなく、
うまく切り返すことで「切り開かれる」ものなのです。

この本では、そんな「切り返し」のコツを
島耕作のマンガシーンとともに紹介します。

打合せ、飲み会、雑談など、
目の前の会話でどう切り返すか。

転職、転勤、昇進など、
大きな環境・状況の変化に対して
どう切り返して乗り越えるか。

対人関係を改善し、人生の悩みを減らす、
あなたにとって最高の「切り返し」が見つかれば幸いです。(「はじめに」より)

解説 弘兼憲史(マンガ『島耕作』シリーズ作者)「人生は日々切り返しの連続」

マンガ『島耕作』に学ぶ 人生に効く「切り返し」術

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る