十津川警部 両国駅3番ホームの怪談

著:西村 京太郎
定価 : 本体800円(税別)

幻のホームで不審な出来事。
目撃した青年の周辺で
殺人と誘拐の凶悪事件発生!

十津川警部が着目した「知られざる悲劇」とは?

会社員の宮田は、普段は使われていないJR両国駅3番ホームで、
深夜に二人の不審な人物を目撃する。
翌日、3番ホームに入り込んだ宮田と恋人の千里は
ランの模様が入った指輪を拾うが、
ある理由から指輪の複製を依頼した宝石店の店員が殺害された。
そして優勝力士と両国から館山に向かう
臨時特急に乗った千里が行方不明に。
3番ホームでの怪異と指輪の謎に、十津川警部が迫る!

十津川警部 両国駅3番ホームの怪談

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る