森籠もりの日々

著:森 博嗣
定価 : 本体1,600円(税別)

小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2017年7月からの毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」を書籍化。
●ほとんどの問題は、相手の身になって考えることで、多少は穏やかな解決に至るものです。
●「間に合うかな?」と心配すること自体が既に、悪い状況といえます。
●待ち時間というものが、そもそ嫌いです。待たない工夫をします。
●「頑張り」の価値は自身のものです。人に評価されるためのものではありません。
●みんながクリエータになるような社会が、未来像の一つといえます。
●本当の「学ぶ」「知る」とは、検索では見つからない情報を得ることです。

森籠もりの日々

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る