ベスト本格ミステリ2018

編:本格ミステリ作家クラブ 著・その他:岡崎 琢磨 著・その他:阿津川 辰海 著・イラスト:大山 誠一郎 著・その他:白井 智之 著・その他:松尾 由美 著:法月 綸太郎 著:東川 篤哉 著:水生 大海 著:西尾 維新 著:城平 京 著:有栖川 有栖
定価 : 本体1,700円(税別)

本格ミステリ作家クラブが選んだ2017年のベスト本格ミステリ短編&評論のすべて!

小説◎
夜半のちぎり 岡崎琢磨
透明人間は密室に潜む 阿津川辰海
顔のない死体はなぜ顔がないのか 大山誠一郎
首無館の殺人 白井智之
袋小路の猫探偵 松尾由美
葬式がえり 法月綸太郎
カープレッドよりも真っ赤な嘘 東川篤哉
使い勝手のいい女 水生大海
山麓オーベルジュ『ゆきどけ』 西尾維新
ヌシの大蛇は聞いていた 城平京

評論◎
吠えた犬の問題 有栖川有栖

ベスト本格ミステリ2018

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る