路面電車の走る街(8) 伊予鉄道・土佐電気鉄道

編:講談社
定価 : 本体648円(税別)

四国に残る二つの路面電車に乗り、城や温泉、古寺、そして海を巡る南国情緒あふれる、ゆったりとした旅を紹介します。

愛媛県の県庁所在地・松山の中心地から松山城を取り囲むように伊予鉄道は延びています。最後は名湯として名高い道後温泉へ。SL風に復元された「坊っちゃん列車」で漱石や正岡子規ゆかりの地を巡ります。
また、高知の中心地から縦横に延びているのが土佐電気鉄道です。はりまや橋の横を抜け、南国情緒あふれる街並みを走っていきます。

路面電車の走る街(8) 伊予鉄道・土佐電気鉄道

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る