枢密院議長の日記

著:佐野 眞一
定価 : 本体950円(税別)

大正期、激動の宮中におそるべき“記録魔”がいた。その名も倉富勇三郎。宮中某重大事件、皇族・華族のスキャンダル、摂政問題……。誰も読み通せなかった超一級史料にノンフィクションの鬼才・佐野眞一が挑む。幕末に生まれ、明治、大正、昭和を生き、三代の天皇に仕えた倉富は、時代の変遷をどう見つめ、年月の足音をどう聞いて、記録にとどめたのか?いざ、前人未到の倉富ワールドへ!


大正期、激動の宮中におそるべき“記録魔”がいた!
宮中某重大事件、皇族・華族のスキャンダル、摂政問題……。
誰も読み通せなかった超一級史料にノンフィクションの鬼才が挑む。

枢密院議長の日記

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。