つくえの下のとおい国

著:石井 睦美 絵:にしざか ひろみ
定価 : 本体1,400円(税別)

おじいちゃんの書斎の机は「トホウ・モナイ国」とつながっていた! 現代児童文学界をリードする作家の一人、石井睦美が手がける本格童話作品。幼い姉妹を主人公に、おじいちゃんの書斎という身近な場所からファンタジーの世界が広がっていきます。それは、荒唐無稽なようでいて、どこかで見たことのあるような世界。なつかしくて新しい、現代の「不思議の国のアリス」のようなファンタジー童話です。


 6歳のマナと、5歳のリオの姉妹は、おじいちゃんの書斎が大好きでした。といっても、本を読むわけではありません。この部屋で遊ぶと、なにをしても、まほうがかかったみたいにおもしろくなるのです。
 ある日、おじいちゃんのつくえの下で、二人がでたらめな歌を歌っていると、「トホウ・モナイ国」から来たモモジョという、ピンク色の毛糸のかたまりのようなものがあらわれます。
 「来たければ来い。来たくなければ来なくていい」と言って、壁にすいこまれていくモモジョ。マナとリオも、壁のなかにはいっていきました。その先にひろがっていたのは、初めて見るような、どこかで見たことのあるような、ふしぎな世界だったのです--。

 現代児童文学界をリードする石井睦美が手がける本格童話作品。幼い姉妹を主人公に、おじいちゃんの書斎という身近な場所からファンタジーの世界が広がっていきます。それは、荒唐無稽なようでいて、どこかで見たことのあるような世界。なつかしくて新しい、現代の「不思議の国のアリス」のようなファンタジー童話です。

書店員さん推薦コメント
★マナがいろいろなポイントに「気づきつつ」お話が進んでいくので、もしかしたら普段はあまりファンタジーを読まない、少し苦手と思っている子でも楽しめるんじゃないかな……と感じました。魅力的なキャラクターばかりでうっとりです。(ジュンク堂書店藤沢店 鈴木沙織さん)
★とても懐かしい。自分もマナとリオのように、小さいころ、よく机の下にもぐりこんでいたことを、そしてその中で、やはり絵本をよんでいたことを思いだしました! あのときには気づかなかったけれども、そこには、自分の「トホウ・モナイ国」があったんだと感じました。(書泉ブックタワー 江連聡美さん)
★字を追うことで内容を理解したつもりになっているのは、大人になったからでしょうか。そう思いながら先入観をとっぱらってもう一度読んでみると、モモジョのピンク色や色とりどりのメモワルの木が私にも見えてきました。(長谷川書店ネスパ店 永島幸世さん)
★近くにあるのに手を伸ばしても届かないような世界「トホウ・モナイ国」の住人たちが語る言葉はたちは子どもだけではなく、私たち親の世代の心にも響いてくる、どこか懐かしい心地よさがある。(文教堂書店青戸店 青柳将人さん)

つくえの下のとおい国

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る