激動 東京五輪1964

著:大沢 在昌 著:今野 敏 著:藤田 宜永 著:井上 夢人 著:堂場 瞬一 著:月村 了衛 著:東山 彰良
定価 : 本体1,550円(税別)

当代きってのミステリー作家7人、華麗なる競作!昭和三十九年十月――。オリンピックに沸く東京を舞台に、ミステリーの最前線を走る七人の思惑が交錯する。変わりゆく街の中で、男たちは何を目指したのか。究極のミステリー・アンソロジー、全編書き下ろし!!


昭和三十九年十月――。
オリンピックに沸く東京を舞台に、ミステリーの最前線を走る七人の思惑が交錯する。

激動の昭和史をひもとく競作シリーズがここに開幕
変わりゆく街で、男たちは何を目指したのか
究極のミステリー・アンソロジー、全編書き下ろし!!

「不適切な排除」 大沢在昌
八ミリフィルムの技術者は、なぜ殺されたのか!?

「あなたについてゆく」 藤田宜永
二十一年前のあの日、私も日の丸を背負っていた。

「号外」 堂場瞬一
特ダネは、よりによって開会式の日にぶつかった。

「予行演習(リハーサル)」 井上夢人
国立競技場に持ち越された、幽霊屋敷の死体騒動。

「アリバイ」 今野 敏
五輪の輪が四つ――死刑求刑は一転して無罪に。

「連環」 月村了衛
黒澤明が降りたオリンピック記録映画を狙え!

「陽のあたる場所」 東山彰良
華やいだ街の片隅で、おれは死の淵に立っていた。

激動 東京五輪1964

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る