うさぎのマリーのフルーツパーラー

作:小手鞠 るい 絵:永田 萠
定価 : 本体1,250円(税別)

こぐまのジローくん、きつねのネネちゃん、たぬきのタントンくん、みんな、うさぎのマリーさんのフルーツパフェがが大好き。ある日、みんながフルーツパーラーへ行くと、「しばらくおやすみします」という張り紙が。マリーさんと森のどうぶつの子どもたちの心温まる物語。優しい詩のような言葉で紡がれたお話と、”カラーインクの魔術師”永田萠氏の美しい挿絵のコラボレーション。(総ルビ、すべての見開きに挿絵入り)


こぐまのジローくん、きつねのネネちゃん、たぬきのタントンくん、みんな、うさぎのマリーさんがつくってくれるキラキラ輝くフルーツのデザートが大好き。でもある日、みんながいつものようにフルーツパーラーへ行くと、「しばらくおやすみします」という張り紙が。こんなことははじめてです、マリーさんにいったいなにがあったのでしょうか……。うさぎのマリーさんと森のどうぶつの子どもたちの心温まる物語。
優しい詩のような言葉で紡がれたお話と、”カラーインクの魔術師”永田萠氏の繊細で美しい挿絵のコラボレーション。
(総ルビ、すべての見開きに挿絵入り) 

─まるで、お日さまのかけらみたいな、オレンジとパイナップル。
 バナナは、みかづき。
 さくらんぼうは、赤と黄いろのお星さま。
 きらきらフルーツのまんなかには、まっ白な雲のソフトクリームがもくもく。
 どこから、なにから、たべたらいいのやら。
 スプーンとフォークを手にしたみんなは、うっとりしています。
 たべるのがもったいないような、見ているだけでうきうきしてくる、きらきらフルーツのほうせきばこです。
「さあ、めしあがれ」
 マリーさんはやさしく、こえをかけました。
「いただきます」
「いただきます」
「いただきます」
 ひとくちたべると、こぐまのジローくんの顔は、お日さまみたいににっこり。
 ひとくちたべると、きつねのネネちゃんのほっぺは、まんまるいお月さまに。
 ひとくちたべると、たぬきのタントンくんのひとみは、お星さまみたいにきらり。
─本文より。

うさぎのマリーのフルーツパーラー

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス