少女探偵は帝都を駆ける

著:芦辺 拓
定価 : 本体960円(税別)

浪花(モダン・シティ)の女学生は不可能犯罪がお好き! 凸凹コンビが挑む7つの謎

“完全密室”“瞬間移動”“飛ぶ死体”! 本格魂に満ちた連作短編!

昭和11年、女学生・平田鶴子は修学旅行のため大阪から東京へ向かう列車にいた。彼女は車窓から、並走する特急列車のデッキで男2人が取っ組み合うのを目撃する。と、2人の間に閃光が煌めき煙が上がる。「何? 銃!?」確かめる間もなく特急列車は遠ざかるのだが――。表題作「少女探偵は帝都を駆ける」他6編を収録した連作短編集。

少女探偵は帝都を駆ける

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。