素数はめぐる 循環小数で語る数論の世界

著:西来路文朗 著:清水健一
定価 : 本体920円(税別)

「1÷素数」から見えてくる奥深い数の神秘。

シンプルな割り算から生まれる循環小数には、おどろきに満ちた数のふしぎがいっぱい!
背後にひそむ素数の性質をやさしく解き明かす、極上の数学ミステリー――。

142857と、先頭の1を末尾に回した428571。
2等分して足すと、どちらも答えは999!
(142+857、428+571)

428571の先頭の4を末尾に回した285714でも同じ現象が!
(285+714=999)

142857を3等分して足すと、こんどは99!
(14+28+57)

ぐるぐる回る“ダイヤル数”のふしぎを生み出すのが素数!?

簡単な四則演算で数の神秘を味わいながら、「1÷素数」が描き出す定理と法則を探訪する。

初等整数論への新しいアプローチ!

素数はめぐる 循環小数で語る数論の世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る