おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱

著:オキシ タケヒコ
定価 : 本体720円(税別)


いびつで、怖く、そして切ない座敷牢のボーイ・ミーツ・ガール!
――宮内悠介

前人未踏の実話怪談ホラー。傑作!
――大森望

天才が紡ぎ出す黄泉の視界(ビジョン)に恐れ、畏れよ――。

「ひさしや、ミミズク」今日も座敷牢の暗がりでツナは微笑む。山中の屋敷に住まう下半身不随の女の子が、ぼくの秘密の友達だ。彼女と会うには奇妙な条件があった。「怖い話」を聞かせるというその求めに応じるため、ぼくはもう十年、怪談蒐集に励んでいるのだが……。ツナとぼく(ミミズク)、夢と現(うつつ)、彼岸と此岸が恐怖によって繋がるとき、驚天動地のビジョンが"せかい"を変容させる――。

おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る