自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影

著:岡崎 守恭
定価 : 本体800円(税別)

「政策」が大事だという。その通りである。
が、政治の基本は「人」である。
一昔前、永田町にはというより自民党には「人」がいて、いろいろな「顔」が見えた。「顔」がしっかりと見える政治だった。
もちろんとんでもない「顔」もあった。
しかしノッペラボーと金太郎飴ばかりよりましである。
(「はじめに」より)

田中角栄・大平正芳・金丸信・竹下登・・・・・・あのころの政治家は、どこか器の大きさを感じさせられた。自民党取材歴40年・伝説の政治記者が語る、驚愕と禁断と哀愁のエピソード。


【本書の内容 】

第一部 政局の人間模様
 第一話 夜明けの二本足
 第二話 六さんの八面六臂
 第三話 角栄邸の正月
 第四話 十年たっても竹下さん
 第五話 ドン金丸の「常識」
 第六話 小渕さんの気配り
 第七話 携帯の世代交代
 第八話 シンキロウの孤独

第二部 永田町人物列伝
 第九話 ヤマテーの矜持
 第十話 才人と呼ばないで
 第十一話 新生クラブの椅子
 第十二話 ハラケンの土下座
 第十三話 宇宙人の「させていただく」
 第十四話 「宰相夫人」菅見

第三部 新聞記者見聞録
 第十五話 首相動静
 第十六話 一声百行
 第十七話 つまらなければ鑑真
 第十八話 学歴不問

自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る