ビートたけしと北野武

著:近藤 正高
定価 : 本体800円(税別)

差別・暴力・宗教・科学…

現代社会の「欺瞞」、そして「ビートたけし」と「北野武」の
「二面性」にも迫った、画期的論考!

-----

今年1月、「お笑いBIG3」の一人、ビートたけしが古希を迎えました。

もともと漫才師として出発した彼は、本名の北野武名義で

映画監督として活躍すると同時に、

俳優としてもドラマ・映画に多く出演し、存在感を示してきました。

そこでは、実在する著名人や現実に起こった社会的事件の当事者を

演じたことも少なくありません。

たとえば、1968年の出来事と出演したドラマを重ねると、こんな感じになります。

・2月、ビートたけし(A)が静岡県で暴力団員を殺害後、寸又峡の旅館に立て籠もる
・12月、ビートたけし(B)が東京・府中市で現金輸送車を乗っ取る
・なお、この強奪現場と塀を挟んで向こう側の府中刑務所には、強姦致傷事件でビートたけし(C)が服役していた

もちろん、実際には、(A)=金嬉老、(B)=3億円事件の犯人、(C)=大久保清

となるわけですが、これら以外にも、たけしは東条英機、田岡一雄、千石剛賢、

エホバの証人輸血拒否事件で死亡した男児の父親、豊田商事会長刺殺事件の

犯人など、実に多くの人物を演じてきました。

以上の作品では、宗教・暴力・差別など、日本の社会ではタブーとされがちな

テーマが取り上げられています。

そこで本書では、出演したドラマ・映画作品を補助線としつつ、

彼の半生や二面性について、戦後ニッポンの変容を重ね合わせながら論考します。

これまでにないたけし論、日本社会論として一気読み必至の一冊!

-----

◆本書のおもな内容◆
序 章 たけしの演じた人物で年表をつくってみた
第1章 母親の喪失――大久保清と北野武を分けたもの
第2章 差別と暴力――金嬉老・三億円事件・写真週刊誌
第3章 宗教と科学――イエスの方舟・エホバの証人・バイク事故
終 章 戦後ニッポンに内在する二面性と欺瞞

ビートたけしと北野武
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る