サウンド・オブ・ミュージック トラップ一家の物語

作:谷口 由美子 絵:烏羽 雨
定価 : 本体620円(税別)

第一次世界大戦後のオーストリア、ザルツブルグ。

ノンベルク修道院の修練女だった20歳のマリアは、家庭教師として、トラップ家に雇われることに。
明るく、音楽が大好きなマリアは、母親を亡くした、5歳から14歳までの7人の子どもたちと、たちまち仲良くなりました。
修道院に戻る時期が近づいたある日、マリアは、トラップ大佐に結婚を申し込まれ、7人の子どもたちの本当の母親になりました。

1933年、幸せな一家を世界恐慌が襲います。一家の全財産を預かる銀行が破綻してしまうのです。
貧しい生活のなかでも音楽を楽しむマリアと子どもたちは、トラップ・ファミリー聖歌隊を作り、一回限り、と出演したザルツブルグ音楽祭で優勝。ヨーロッパを演奏旅行するほどに有名な存在になります。

1938年3月、ナチの軍隊がオーストリアを併合、町じゅうに、ハーケンクロイツの旗が掲げられました。
オーストリアを愛するトラップ大佐は、ナチの旗を掲げることを敢然と拒否、ナチから申し出のあった、ドイツ軍の潜水艦の艦長職も断ってしまったのです。
さらに、名声高まったトラップ一家は、ヒトラーの誕生日に歌うことまで強要され……。

有名な映画「サウンド・オブ・ミュージック」は、本当にあったお話がもとになっています。
これは、愛する祖国オーストリアからの亡命を決めた、トラップ一家の愛と勇気の物語です。

サウンド・オブ・ミュージック トラップ一家の物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る