刀語 第十話 誠刀・銓

著:西尾維新 絵:
定価 : 本体1,100円(税別)

西尾維新×竹が放つ、待ってました!の時代活劇絵巻!
無刀 vs. 無刀

「とがめはそもそも、幸せなんて求めちゃいないよ」
虚刀流・鑢七花と奇策士・とがめが蒐集する変体刀は、いよいよ10本目。対象は誠刀『銓(ハカリ)』、所在は陸奥の百刑場。そこは、先の大乱を導いたとがめの父・飛騨鷹比等が、七花の父・鑢六枝に斬殺されたという呪われた土地だった。いまは何もない原っぱ――百刑場に突如出現した“仙人”は、とがめの心をかき乱し、七花に“意識”の戦いを強いる!刀語、第10話の対戦相手は、変幻自在の彼我木輪廻!
衝撃の12ヵ月 連続刊行企画“大河ノベル”第10弾!

西尾維新が挑む時代活劇!こんな物語を待っていた!!

刀語 第十話 誠刀・銓
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る