尾崎放哉随筆集

著:尾崎 放哉 解説:村上 護
定価 : 本体950円(税別)

――咳をしても1人
大正15年4月、小豆島土庄町西光寺南郷庵で死去。「乞食坊主」と呼ばれ、人に嫌われ、失意と諦観の果てに所有した無常観。定型俳句を超え、洒脱諧謔をそなえた独得の自由律俳句により、染み入るような孤独を表出する。破天荒に生きた放哉の生活・文学・思想が彷彿とする作品群。俳句・エッセイ・書簡を精選収録。

尾崎放哉随筆集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

※この製品は、品切重版未定となっております。