言霊と他界

著:川村湊
定価 : 本体1,180円(税別)

本書は、言霊と他界に関わるさまざまな思惟や観念の分析を通じ、近世から現代にかけての日本人の隠された精神史を探った論考である。分析の対象となる人物は、真淵、宣長、秋成、篤胤から、露伴、八雲、透谷、鏡花、さらには柳田、折口、南方等と多彩で、その考察も変化に富む。言霊と他界を同時に視界に捉え、両者に架橋を試みようとする意欲作。

言霊と他界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

※この製品は、品切重版未定となっております。