近代化の理論

著:富永 健一
定価 : 本体1,500円(税別)

資本主義的市場経済と民主主義の実現、家父長制家族から核家族への移行など、多面的に「近代化」をとりあげ、その起源を小封建領主割拠の中世から国民国家に統合された西洋の歴史に求めた。また日本と中国など非西洋の近代化も考察、中国は日本と異なり封建制をもたず、秦漢帝国から清朝まで統一専制が続いたために近代化が遅れたと指摘した。近代化の多様性と西洋と非西洋の相違を説く必読の力作。

近代化の理論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

※この製品は、品切重版未定となっております。