マルクス主義の地平

著:廣松 渉 解説:高橋 洋児
定価 : 本体1,280円(税別)

マルクス・エンゲルスは、余りにも“歴史に先駆けすぎた”と言うべきかもしれない。彼らは「ブルジョア的世界観」の“全体的イデオロギー性”をトータルに相対化することによって、それを超克しうべき新しい視界を拓いている。マルクス主義が資本主義体制の根底的な止揚を嚮導(きょうどう)しうる所以もそこに在する。本書がモチーフとするところのものは、この『マルクス主義の地平』の対自化にほかならない。

マルクス主義の地平
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

※この製品は、品切重版未定となっております。