朝日の中の黒い鳥

著:ポ-ル・クロ-デル 訳・解説:内藤 高
定価 : 本体900円(税別)

1920年代「長年に亘って彼自身の視野から離れることがなかった」日出づる国日本で、外交官として過ごしたポール・クローデル。彼は本務の傍ら、日本各地への旅行、美術や演劇に対する旺盛な好奇心、様々な人々との出会いなどを通して、日本の風土と文化への理解を深めた。「素朴な驚きに満ちた目を見知らぬ国に向ける一人の訪問者」として、大正時代の日本をフランスの詩人がやさしく語る珠玉のエッセイ。

朝日の中の黒い鳥
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

※この製品は、品切重版未定となっております。