国是三論

著:横井小楠 全訳注:花立三郎
定価 : 本体1,150円(税別)

公共性と通商の観点から新たな国家や社会のあり方を模索した稀代の思想家・横井小楠。動乱の幕末にあって、時代を超えた学殖と見識により、開明的な実学思想から公議政体論を主張、明治新政府形成の推進力の一助を担った。本書の「国是三論」は、経世済民、殖産興業、通商交易等による民富論的富国策を謳った小楠の代表作で、彼の学問と思想の全てを投入、総括したものである。他に井上毅、元田永孚と交わした「沼山対話」や「沼山閑話」等も収録した。簡潔な現代語訳も整い、小楠の人と思想を知る上に必読の書。

国是三論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

※この製品は、品切重版未定となっております。